お役立ちコラム

サーバー入れ替え時に検討してほしいサーバー仮想化

社内に複数台のサーバーがありませんか?

日常業務で、様々なシステムを利用されていると思います。それぞれのシステムごとに導入されたサーバーがあることは珍しくありません。サーバー保守も、別々の会社に委託していたり、リースアップの時期やサポート期限が異なっていたりで、サーバー管理業務が煩雑になっている場合もあるのではないでしょうか?

そのような場合に、業者さんから管理が楽になる、コストも下がるのでサーバーを一台にして仮想サーバーにしませんか?と言う提案を受けることがあると思います。楽になる・・一台になる・・、いったい仮想サーバーは、普通のサーバーと何が違うのでしょうか?

仮想サーバーって何?

1台の物理サーバーは、通常1つのOS(Windows Server、Linux等のオペレーションシステム)を稼働させ、その上に会計システムや販売システム等のアプリケーションを動作させています。仮想サーバー、所謂サーバーの仮想化は、1台の物理サーバーで複数のOS(仮想サーバー)を稼働させることができます。このOSは、ホストOSに対してゲストOSと呼びます。サーバーを仮想化するには、仮想化専用のソフトウェアが必用です。このソフトウェアは、ホストOS型とハイパーバイザー型の2種類があり、それぞれの方式で物理サーバーのメモリやプロセッサを仮想サーバーに割り当てます。

201704-03-01

サーバーの仮想化は、通常、高い処理能力を発揮することができるハイパーバイザー型を使います。1つの物理サーバーで、バージョン違いやWindowsやLinux等の異なるOSを動作させることや、古いOSを稼働させることも可能です。仮想化ソフトには、VMWare vSphere (VMWare社)、Hyper-V(Microsoft社)等があります。業者さんに、仮想サーバーの提案書や見積書を頂いた場合、どちらかの仮想化ソフトが使われていると思います。

コストが下がるとは?

例えば、会計システム用のサーバーと販売管理用のサーバー、それにファイルサーバーやプリントサーバーの4台の物理サーバーがあったとします。

これらのサーバーの通常のリソース利用率が低い場合は、サーバーを仮想サーバーにすることで1台の物理サーバーに集約できる可能性があります。この場合、1台の物理サーバーのリソースを分け合い、利用率を上げサーバー自体のコストを下げることができます。また、4台それぞれハード保守に加入している場合は、1台分の保守料金になりますし、1台になることで、場所や電気代の節約にもつながります。ちなみに、ライセンス体系の違いにより、Windows ServerのゲストOSが多い場合は、VMWare よりもHyper-Vで構築するほうがライセンス費用のコストメリットがあります。

201704-03-02

また、販売管理システムを利用しているが、最新バージョンのOSに対応していない場合なども、ゲストOSにすることによって、現在利用しているシステムそのままを最新のサーバーに載せることができ、システムのバージョンアップをしなくても使い続けることができるため、当面のシステムの延命も可能です。

管理が楽になる

それでは、管理が楽になるとはどういう事でしょうか。サーバーを1台にまとめたので、管理が楽になると思いがちですが、単純に別々のサーバーで動いていたシステムを仮想サーバーにしても運用管理は楽になるどころか、かえって煩雑になります。サーバーを仮想化するときに、それぞれ別々だったセキュリティや障害時の対策、バックアップの方法等運用方法の見直しを図り、統一・一元管理することで、サーバーの運用管理が楽になるのです。

ただ、仮想化ソフトは、専用の技術者でないと構築・設定は難しいです。仮想化サーバーの専用技術者がいる業者さんに構築してもらい、運用管理方法等も一緒に検討していただくと良いでしょう。

最後に

私は、仮想サーバーの最大のメリットは、簡単に別の物理サーバーに仮想環境を準備して移行することができることだと思っています。通常の物理サーバーのように、OSをインストールして、アプリケーションをインストールして等の作業は必要ありません。仮想サーバーを丸ごとファイルのように扱うことができるのです。このため、BCP対策としてもお勧めで、仮想サーバーのバックアップをクラウドサーバー等、遠隔地に置いておくと、大災害の場合などは、新しい物理サーバーに仮想サーバーを移すことができ、速やかに運用開始が可能になります。

複数台のサーバーを運用されている場合は、サーバーの入れ替え時に仮想化を検討されることをお勧めします。

執筆者

松永菜穂子松永 菜穂子

株式会社インサイトアイ 代表

http://insight-eye.com

ITコーディネータとして中小企業におけるIT利活用の支援に取り組む。SEとしてIT構築を長く手掛け、IT導入を進める様々なユーザー企業と接してきた経験を糧に基幹業務システム構築からWebサイトの具体的な制作や利活用支援を行っている。

お役立ちコラムの
トップへ

ページの先頭へ