お役立ちコラム

簡単イラスト作成ツール「Auto Draw」

ホームページやプレゼン資料の作成などでイラストを利用する場合、皆さんどうしていますか?
無料の配布サイトなどからダウンロードし利用している方も多いのではないでしょうか?
しかしながら実際には思い通りのイラストが見つからない、同じタッチのイラストが揃わないなどで積極的に活用できていないケースも多いのではないでしょうか?
思い通りのイラストを掲載するには、イラスト作成ソフトなどを使用し自分で描き起こすしかありませんが、それも大変です。
なによりイラストを作成する技量が必要です。
そんな悩みを解決するツールがGoogleの「Auto Draw」です。Google提供のツールなのでもちろん無料で利用できます。
PCやスマホ上で描いたラフなイラスト(落書き程度でOK)をAI(人工知能)が推測し、プロのアーティストが描いたイラストの候補を提示し、置き換えてくれるというツールです。

 

使い方は簡単です。

例として書籍のイラストを描いてみます。

 

はじめにブラウザーを開き、Auto Drawのサイトにアクセスします。

https://www.autodraw.com/

 

図1

 

図2

①の【AutoDraw】をクリックし、②にラフな絵を描きます。

 

図3

②ラフイラストを描くと④上部にイラストの候補がでます。

 

図4
⑤候補から選択すると、イラストが置き換わります。

 

図5
色も簡単に塗ることができます。
⑥で色を選択→⑦【Fill】をクリックし、色を塗る場所⑧をクリック。

 

図6
書籍に色がつきました。
文字を入力することもできます。

 

図7
⑨【Type】をクリックし、⑩文字を入力します。

 

図8

完成したら、左上のメニューから「Downloads」を選択し、保存します。

保存した画像が下記です。

 

図9

 

いかがでしょうか?簡単すぎて驚かれたのでないでしょうか?

GoogleのPR動画は下記になります。

https://aiexperiments.withgoogle.com/autodraw

 

このツールを利用すれば、イラスト作成が苦手な方でも簡単にイラストを作成することができます。

IllustratorやPhotoshopなどのソフトのように多機能ではありませんが、ちょっとした挿絵を作成するには十分な機能が備わっています。

まだ登録されているイラストが少ないようで、期待はずれなイラスト候補が提示されることもあります。

さらなる機能アップに期待したいところです。

執筆者

“桑原篤史”桒原 篤史(くわばら あつし)

アイバーグ 代表

http://www.aiberg.net/

印刷・サイン業界で約15年、企業ブランドのイメージ戦略、販促支援などの企画営業を経験し、2009年に独立。神奈川県川崎市と福島県白河市を拠点に中小企業、特に小規模事業者を中心にIT導入からWebサイトの企画、構築、運営まで一貫して支援を行っています。

2013年ITコーディネータ認定(認定番号0103672012C)

お役立ちコラムの
トップへ

ページの先頭へ