お役立ちコラム

マーケティングに活用できる国が提供する無料のビッグデータ

経済産業省と内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)が平成27年4月より提供を開始した地域経済分析システム(RESAS:リーサス https://resas.go.jp)は、一般の方でも使えるオープンデータのシステムで、産業、人口、観光、農業等の情報を地図や各種グラフで見ることができることができます。主に自治体の方が地方創生に関する施策の企画立案に利用されていますが、企業にとっても、有効なデータが多数あります。

 

例えば、お店を出店する場合、出店場所は、必ず集客の調査をして決めると思います。この調査としてどのようにリーサスが使えるか、考えてみたいと思います。

1.人口の情報

人口は集客を考える上で、非常に重要です。
出店予定の地域にどれだけの人が居るか、また将来的にはどのようになるのかをリーサスで調査してみます。
リーサスでは、人口構成や、将来人口(生産人口、年少人口、老年人口)の推移のシミュレーション、昼間人口や夜間人口といった人口に関する情報を簡単に調べることができます。

 

画像①人口メッシュ


出典:総務省 国勢調査に関する地域メッシュ統計
画像①は、東京都調布市近辺の地図に人口のメッシュを重ね合わせたものです。このように、人口が多い地域を地図上で確認することができます。

 

画像②人口推移


出典:総務省 国勢調査 国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口」

 

画像②は、東京都調布市の将来人口の予測です。将来に渡って、集客可能なのかの判断材料として利用することができます。

データによっては、都道府県単位のものと市町村単位のものがありますが、地域の大まかな人口動向を知るには、手軽に入手できるデータとして有効です。出店予定の場所がどの程度の人口の地域か、またどのあたりに出店すれば良さそうかの目安として利用できそうです。

2.観光マップ

お店を出店する場合、その地域に居住しているだけでなく、観光で訪れる人も集客のターゲットとなります。観光客をターゲットとする場合、どの観光地に行っている人が多いのか、誰が観光に来ているのか、外国人の方か、近隣の方か、それとも国内の遠方の方か、地域の宿泊施設に泊まっているか等の情報を調べるのにリーサスで情報を取得することができます。インバウンドの需要を狙う場合等には、どこの国の人が、どの程度来ているのかも調べることができます。
まず、観光地について調べてみます。

 

画像③目的地一覧


出典:株式会社ナビタイムジャパン「経路検索条件データ」

 

画像③は、調布市内で休日に経路検索で目的地された場所のグラフです。このように、どの観光施設が多く訪れられているか、を見ることができます。地図にも地点表示ができますので、どのあたりが観光客の集まる地域か、また通る場所かの予測に使うことができます。

 

画像④外国人メッシュ


出典:株式会社NTTドコモ・株式会社NTTドコモ・インサイトマーケティング「モバイル空間統計®」2015年8月~2016年7月

 

画像④は、調布駅を中心としてどの程度の外国人が滞在しているかを示した地図です。このように、色の濃淡で外国人が滞在している地域を500m間隔で見ることができます。
外国人メッシュを見ると、調布駅から深大寺方面(画像真ん中の、薄い赤い部分)へと外国人滞在数が多く、この地域には目的地一覧にもあった深大寺があることから、深大寺へ観光している外国人の方も多いのではないかとの仮説を立てることも出来ます。

3.他にも多数の情報が取得できるリーサス

ごく一部のデータについてご紹介しましたが、この他にも産業や地域の財政、医療・福祉の情報など、多くのデータを見ることができます。リーサスの最大の特徴は、国のデータだけでなく、各企業が持っているデータを見ることができること、またデータを見やすく、分かりやすく加工し、表現されているため、感覚的にとらえられる点にあると思います。
ご興味がある方は、一度リーサスを試してみませんか?

 

地域経済分析システム(RESAS:リーサス https://resas.go.jp)

執筆者

松永菜穂子松永 菜穂子

株式会社インサイトアイ 代表

http://insight-eye.com

ITコーディネータとして中小企業におけるIT利活用の支援に取り組む。SEとしてIT構築を長く手掛け、IT導入を進める様々なユーザー企業と接してきた経験を糧に基幹業務システム構築からWebサイトの具体的な制作や利活用支援を行っている。

お役立ちコラムの
トップへ

ページの先頭へ