お役立ちコラム

キーワードをあぶり出す「テキストマイニングツール」を使いこなす

このようなことで、悩んだことはないでしょうか?

 

・自社や自分のサイトのコンテンツを増やしていくのに、何を書いたらよいかわからない

・既に記事を書いていて、コンテンツを増やしているけど、もう書く記事がないなど

 

キーワード選定の際、よく使われるツールとしてGoogleが提供しているGoogle Adwords(Google広告)キーワードプランナーやgoodkeywordsが有名ですが、それ以外にも活用できるツールとして今回ご紹介するのが、自分のサイトにないライバルサイトのキーワードをあぶり出すことができる「テキストマイニング」というツール(無料)です。

 

必要なものは、①自分のサイト、②Google Chrome(ブラウザ)、③Excelなど表計算ソフト(以下Excel)の3つだけで、使いこなすと言っても手順はとても簡単です。

 

① まずHTML抽出(簡易)を利用して、まず自分のサイトのテキスト部分を抽出します。

http://s-yata.jp/apps/nwc-toolkit/text-extractor

 

図1

図1

 

② 数字と文章全体をコピーし、エクセルに貼り付けたら、B列をコピーします。

 

図2

図2

 

③ 無料のテキストマイニングツールに②で抽出したB列をコピーし、「テキストマイニングする」をクリックします。

https://textmining.userlocal.jp/

 

図3

図3

 

④ 「共起ネットワーク」と「ワーククラウド」が表示されますが、「ワーククラウド」側のデータをダウンロード。ダウンロードされたファイルを開きます。

 

図4

図4

 

⑤ 開いたファイルより、グレーの部分を削除します。

 

図5

図5

 

⑥ キーワードに色を付けておきます。

 

図6

図6

 

⑦ GoogleChrome(https://www.google.co.jp)で自分が上位表示を目指すキーワードを検索し、表示された上位サイトからキーワードに分解していきます。手順は自社サイトをキーワーに分解した内容と一緒で、最低でも上位3位まで分解します。

 

⑧ ライバルのデータを自分のデータの下に貼り付けます。

 

図7

図7

 

⑨ 自分のサイトにないキーワードをあぶり出すため、A列を選択して、重複の削除をクリックします。

 

図8

図8

 

⑩ 重複の削除を完了させます。

 

図9

図9

 

⑪ このように自分のサイトにないキーワードを知ることができます。

 

図10

図10

 

リスト内のキーワードをページ内に追加したり、ここで得られたキーワードをもとに記事を増やしていき、コンテンツの充実を図ることも可能です。もちろん自分のサイトにまだ記事がない場合には、作り始めの参考データとして使用できますので、これをきっかけに活用していただきたいと思います。

執筆者

森屋将光森屋 将光

入社後約20年にわたり、流通、金融、医薬、通販分野とプログラマー、システムエンジニアとして開発に従事する現役のシステムエンジニア。大小様々な20社以上プロジェクトリーダー、サブリーダーを経験。現在の仕事とは別に自分で貢献できるものは何かを考え、「IT・WEBで悩める人を救いたい」とのビジョンのもと活動。その際、個人事業主方を中心にホームページ関する悩みを聞く機会に恵まれ、自らブログを運営・経験し、そこで得た知見をもとブログの書き方及びSEO対策などを中心に指導を行っている。

お役立ちコラムの
トップへ

ページの先頭へ