セミナー情報

第46回日本データ通信協会ICTセミナー

セミナー概要

一般財団法人 日本データ通信協会では『ICTセミナー』と銘打ち、当協会の事業分野に関わる情報発信を行っております。3月6日(火)の『第46回セミナー』では今年も総務省で電気通信行政に関わるキーパーソン3氏に我が国の電気通信政策の最新動向を語っていただきます。
旧来のアナログ電話網からIP網への移行に伴うPOI等の整備や音声品質の確保、第5世代移動通信システムや無線アクセス技術、4K配信等技術の高度化、自然災害やサイバーセキュリティへの対応、消費者保護など、電気通信をめぐる様々な論点や課題を包括的に理解する絶好の機会です。

政策はあらゆる事業者にとって事業の基盤を形成します。皆様が業務で活用するシステムの今後を考える糧として、今後の事業環境を見通し、あるいは新たな事業を検討する際の素材として、本セミナーは有益な情報収集の場となるものと確信しております。

多くの皆様の奮ってのご参加をお待ち申し上げます。

開催日 2018年03月06日(火)
開催時間14:00~17:00(受付開始13:15)
開催場所 日本橋社会教育会館
中央区日本橋人形町1丁目1番17号(日本橋小学校等複合施設8階)
定員200名(先着順)
主催者一般財団法人 日本データ通信協会
参加費用電気通信個人情報保護推進センターの対象事業者の皆様(準会員は除く)、情報通信エンジニア資格者、日本データ通信協会会員会社・団体の皆様:無料、一般:3,000円/1人
講師紹介講演内容と講師
講演1:「サイバーセキュリティ政策の最新動向(仮)」
  総務省 情報流通行政局サイバーセキュリティ課 課長 木村公彦氏

講演2:「総務省におけるデータ通信政策の最新動向(仮)」
  総務省 総合通信基盤局データ通信課 課長 内藤茂雄氏

講演3:「情報通信ネットワークをめぐる最近の政策動向(仮)」
  総務省 総合通信基盤局電気通信技術システム課 課長 荻原直彦氏
このセミナーに参加申し込みをする

外部サイトにリンクします

セミナー情報の
トップへ

ページの先頭へ