お役立ちコラム

ホームページを効果的に活用するには情報流通経路を作るという意識が大切

「ホームページを作るだけでは、効果が出ないことはわかっている。
でも、ホームページを上手に活用するためにはどうしたらよいのだろう?」

 

こんな風に考えている中小企業の経営者は、案外多いのではないでしょうか?もしそのようにお考えでしたら、まず「情報流通経路」を見える化することから始めてみましょう。

「待ちのメディア」から「攻めのメディア」へ!ホームページの質が変わった

数年前までのホームページは、検索エンジンを使って検索するか、URLを打ち込まないとたどり着かない「待ちのメディア」でした。このような特徴をもったメディアだったため、この時代はSEO対策が最重要でした。

 

しかし、今は、Facebookを見ていると、どこかのホームページの情報が自然と出て来きます。つまり、ソーシャルメディアの登場により、ホームページがテレビCMのような「攻めのメディア」に変わったのです。

 

そもそもホームページは情報を発信するものですから、伝えたい人にホームページに掲載された情報を見てもらわなければ意味がありません。つまり、今の時代は、御社の情報をどのように流通させて、必要な人にどうやって見てもらうかという意識が大切になってきたのです。

まずは「情報流通経路」を設計しよう

ホームページ中心にして、あなたの情報を伝えたい人にどのように伝えるのか?これを明確にするために、まず情報流通経路を設計しましょう。…と言ってもわかりにくいかもしれませんので、飲食店を例に情報流通経路を見える化した図を作りました。つまり、本コラムのテーマは、このような図を作ってみましょうということです。

 

情報流通経路の図

 

まずは、ホームページにどのように来てもらうのかを考えます。この例では、ホームページに来てもらうために、「最低限のSEO対策」、食べログのような「口コミサイト」からの流入、ぐるなび等の「グルメサイト」からの流入、GoogleMapに表示させるなどの「Googleプレイス」への登録、そして、ショップカードや名刺等にURLや「●●で検索」といった情報を載せて、リアルのツールからホームページに誘導することを決めています。

 

次に、ホームページのどの情報をどうやって拡散させるかを決めます。ここでは、ホームページに「新着情報」と「マスコミに取り上げられた情報」を掲載したら、Facebookページと公式Twitterに投稿することにしました。また、せっかくFacebookページを持っているので、ホームページ経由以外で、Facebookページに直接「スタッフのこと」、「食材のこと」「お客様のこと」などを定期的に投稿して、店の情報を継続的に発信することにしました。Facebookページに投稿したら社長個人のFacebookページで「いいね!」や「シェア」をしてさらに拡散するルールを決めています。

 

しかし、Facebookページに投稿しても、Facebookページのファン(いいね!を押してくれている人)が15人くらいと少なくては効果がありませんので、Facebook広告でファンを増やすことを決めています。Facebook広告でファンを増やす場合、1000人のファンを作るまで広告をするなど目標を明確にするといいでしょう。

 

さらに、この店の場合、ホームページ以外のメディアとして社長ブログをすることを決めています。ブログを書いたら、ホームページで紹介するだけでなく、FacebookページやTwitterでも知らせることにしました。

 

いかがでしょうか?このように情報流通経路を見える化をすることにより、経営者だけでなくスタッフも自分たちの情報がホームページを中心にどのように流通していき、どのように運用すればよいのかが明確になり、ホームページを中心にネット活用をしやすくなりますので、ぜひやってみてください。

 

最後に、ソーシャルメディア時代のネット活用で大切なことは、情報を継続的に発信することです。したがって、無理をした複雑なネット活用よりも、継続できることに重きを置いた単純なネット活用を意識してください。