お役立ちコラム

「クラウドファースト」時代の効果的なクラウドの利用方法

みなさんは現在、自社のシステムやWebサイトをどこに構築していますか?
システムを構築する場所としては、大きく分けて自社サーバ、レンタルサーバ、クラウドといった選択肢があります。クラウドというサービス形態が登場してから既に数年が経ち、「クラウドファースト」という言葉まで出てきている昨今ですが、自社サーバやレンタルサーバでシステムを構築しているというところがまだ多いのではないでしょうか。
「クラウドってどう使えばいいかわからない」、「クラウドは本当に安くなる?」、「クラウドではセキュリティに不安がある」など、クラウドを利用するといってもわからないことや不安も多いことと思います。もちろん構築するシステムの目的、利用形態、システムの運用体制、その他社内の事情等でどこにシステムを構築するのがいいかの答えは変わってきます。
そこで今回は、システムを構築する場所による特徴を比較するとともに、クラウドがどのように利用できるか、クラウドを利用する際の注意事項は、といった点について説明します。

システムを構築する場所による比較

システムを構築する場所として、自社サーバ(オンプレミスといいます)、レンタルサーバ、クラウドがありますが、それぞれ主な特徴は以下のようなものとなります。

項目 自社サーバ レンタルサーバ クラウド
構築形態 ・自社専用のサーバ
・機器購入・設置からシステム構築で自社で実施する必要あり
・複数ユーザとの共有サーバ
・CMSやメール等いくつかのシステ 
 ムが利用できる状態で提供される
・仮想環境によるサービス提供
・サーバ基盤、OSレベルでの提供、システムレベルの提供の形態あり
構築時間 数週間~数ヶ月 数分~数時間 数分~数時間
システムコスト ・機器、設置費用
・電源・空調等の付帯設備
・電気代・場所代
・システム構築費用
・システム運用費用
・レンタル費用(定額制)
・システム構築費用
・システム運用費用
・サービス費用 (従量制・定額制)
・システム構築費用
・システム運用費用
システム運用 ・機器の管理・維持、停電時・災害対応、
システム運用等 すべて自社で実施する必要あり
・構築システムの 運用のみ ・構築システムの運用のみ
セキュリティ対応 ・システム全体への対策、パッチ適用等自社で実施する 必要あり ・OSレベルまでは レンタルサーバ側 で対応 ・利用サービスレベ ルまではクラウド側で対応
耐障害性 ・自社で構築する必要あり ・ディスクの冗長化サーバのバックアップ等をレンタルサーバ側で実施 ・利用するサービスレベルの耐障害性をクラウド側で実施
システム構成の変更 ・機器調達から
 実施する必要あり
・再契約・再構築
 が必要
・随時変更が可能
システムへのアクセス ・社内からは社内LAN、社外からはインターネット ・社内、社外ともインターネット ・社内、社外ともインターネット
他社システムからの影響 ・専用サーバのため影響なし ・共有サーバのため影響あり ・仮想環境のためほとんどなし

自社サーバで構築する場合は、当然調達・構築から自分たちで実施する必要がありますが、自社のシステムに最適な構成で構築することが可能です。また、自分たちで維持・管理することになるため、体制・費用が必要な反面、自社の都合でサーバを自由に利用していくことも可能です。ただ、やはり高コストで一度構築したサーバの構成変更等は簡単にはできないというデメリットがあります。
レンタルサーバを利用する場合は、あるていど安価に短期間でサーバを利用できる状態にすることができます。CMS(WordPress等のContentsManagementSystem)やメールサーバ、ECサイト構築等があらかじめ利用できるものも多く、これらを利用したシステム構築をする場合には、便利なサービスです。ただ、CMS、メールサーバ、ECサイト構築をターゲットとしたレンタルサーバが多いので、それ以外の用途でサーバを構築する場合には適したサーバを見つけるのは難しいかもしれません。また、サーバは他の利用者との共有となりますので、他システムの負荷の影響を受ける可能性があり、サーバのスペックアップ/ダウン等構成変更が必要となった場合には、再契約・再構築が必要となります。
クラウドを利用する場合も安価に短期間でサーバを利用できる状態にすることができます。またクラウドの場合は、他システムの負荷の影響を受ける可能性もほとんどなく、サーバのスペックアップ/ダウン等構成変更が必要になった場合も、容易に変更することができます。そのため、システムに必要な性能が繁忙期と閑散期で大きく異なる場合は、利用負荷に応じてサーバのスペックを都度変更することにより、サーバコストを低減させることができます。ただ、WordPress等、サービスとして提供されていても制限があるものも多く、構築したいシステムによっては、レンタルサーバを利用する方が容易な場合もあります。レンタルサーバの場合もそうですが、ネットワーク上にシステムを構築することになりますので、社内に構築しているシステムと連携が必要な場合も、連携方法やセキュリティ面で考慮が必要です。
なお、クラウドの場合には利用するサービスの種類により、利用の方法が異なってきます。その点について、次に説明します。

クラウドの利用形態

クラウドの利用形態としては、主に次の3つがあります。
・IaaS(Infrastructure as a service):
サーバの基盤をサービスとして利用します。OSの選択から自分たちで実施し(OSのイ
ンストールは必要ありません)その上にシステムを構築することになります。
そのため、Webサーバやデータベース等のミドルウェアの構築やセキュリティ対策、運
用は自分たちで実施する必要があります。
・PaaS(Platform as a service):
 システムを構築するプラットフォームをサービスとして利用します。OS、データベース
等のミドルウェア、開発環境等が提供されますので、セキュリティ対策や運用は、自分
たちで構築・開発したシステムに対して実施します。
・SaaS(Software as a service):
 あらかじめ用意されたソフトウェアをサービスとして利用します。WebメールやWeb上でのスケジュール管理、オンラインストレージ等、ネットワーク経由で既に構築されたソフトウェアを利用できますので、利用するソフトウェアの設定・運用のみを自分たちで行うだけとなります。
IaaS、PaaS、SaaSそれぞれで同じシステムを構築した場合に、IaaSでは年間25万円程度、データベースをPaaSで利用した場合で年間20万円程度の費用が必要なシステムが、SaaSを利用すると年間1,000円程度で構築できるという試算もあります。構築するシステムによっては大きなメリットが得られますので、ぜひ検討してみてください。

クラウドを利用する際の注意事項

このように利用メリットの多いクラウドですが、その利用にはいくつか注意事項もあります。最後にその点について触れておきます。
まず、クラウドの利用費用についてです。クラウドの利用費用に関しては、提供事業者、サービスにより多様なものとなっています。定額制の場合もありますが、クラウド環境との通信量により従量制で課金される場合もあります。クラウドの利用を検討する際に、費用試算をきちんとしないと想定以上にサーバコストがかかることになります。
次にクラウド上に保管するデータについてです。当然クラウド上に保管されるデータはインターネット上にあることとなります。クラウド事業者としては保管しているデータに対するセキュリティ対策は十分実施されているところが多いですが、その保管場所等について特定できない場合があります。EUのGDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)等、海外を含めた情報保護に関する法規に注意が必要です。
少し古いですが、経済産業省がクラウド活用に関しての注意事項をまとめていますので参考にしてください。
http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/jouhoukeizai/jinzai/002_02_03d.pdf
構築・利用するシステムの目的、規模、利用形態等によって、どこにシステムを構築するのがいいか、その選択肢はいくつかあります。その選択肢のひとつとして、クラウドの利用は十分検討の価値があるものです。ここで提示した注意事項も考慮しぜひ効果的なクラウドの利用を検討してください。
このコラムがみなさんのシステム構築・利用、そして運用をより効果的・効率的に行っていくための参考となれば幸いです。