お役立ちコラム

5Gのサービス開始間近!準備はできていますか?

第5世代移動通信システム、いわゆる「5G」のサービスが来年春に予定されています。皆さんはこの「5G」のサービス開始により、どのようなことが可能になると思われますか。「通信速度が上がり、インターネットの利用で表示が速くなる」、「スマホで動画をストレスなく見ることができるようになる」といった感想を皆さんはお持ちなのではないでしょうか。では、それ以外ではどうでしょうか。
インターネットの利用においては、利用者側の情報も多く収集されていることは、周知のことと思います。
そこで今回は、来年春のサービス開始を控えて、「5G」とはどのようなものなのか、またどのようなことが可能になるのかといった点について説明します。

そもそも「5G」とは?

そもそも「5G」とはどのようなもので、どういう特徴があるのでしょうか。
「5G」とは第5世代移動通信システムのことで、携帯電話やスマートフォンなどの移動機器に対する通信の規格・システムのことです。その規格・システムの第5世代ですので「5G(Generation)」となるわけです。
第5世代ということですから、これまでに第1世代から第4世代までの規格・システムが存在します。それらの主な特徴は以下となります。

<移動通信システム各世代の比較>

 

世代 回線 主な通信速度 利用状況
第1世代(1G)
1980年代
アナログ 数百bps 初期の自動車電話・携帯電話
第2世代(2G)
1990年代
デジタル 2.4K~28.8Kbps 携帯電話の普及
第3世代(3G)
2000年代
デジタル 384K~14Mbps 携帯電話・スマートフォンによるホームページ参照
第4世代(4G)
2010年代
デジタル 50M~1Gbps スマートフォンでの動画視聴、ネットゲーム、TV会議等

現在は第4世代での通信が行われており、スマートフォンの画面(左上あたり)に「4G」と表示されていることに気が付かれている方も多いことと思います。通信状態が悪い場所などではこの表示が「3G」になることもあると思いますが、その場合は第3世代「3G」で通信されているということになります。
では、第5世代移動通信システム「5G」は今までのものと比べてどのような特徴があるのでしょうか。「5G」の特徴としては、主に以下の3点があげられます。

1.高速・大容量
「5G」の通信速度は20Gbpsと現在の最高速度と比較しても20倍の速度向上が図られます。これは2時間の動画データであれば、そのダウンロードが数秒で終わるほどの速度です。もちろん、より高画質・高精細の画像や動画の表示・ダウンロードも容易になります。また、「5G」は将来的に最大100Gbpsと、現在の100倍程度の通信速度の実現も見込まれています。
2.低遅延
ネットワークの利用においては、通信速度と共に通信による遅延もその利便性に大きく影響します。「5G」では、ネットワークによる遅延が現在の10分の1以下になる見込みで、その結果、遠隔地とのTV会議やネットワーク型ゲーム等でのタイムラグが大きく改善されます。
3.多数同時接続
「5G」では、現在の通信と比べ100倍の端末が同時に接続できるようになる見込みです。
災害時や交通手段の停止時等はもちろんですが、年末年始やイベント会場等で多くの人が一斉にネットワークを利用し、繋がりにくくなったという経験をお持ちの方も多いのではないかと思います。このような状況が大きく改善されることとなります。

「5G」のサービス開始でできるようになること

では、このような特徴を持つ「5G」のサービスが開始されるとどのようなことができるようになるでしょうか。
まず高速・大容量が実現されることで、遠隔地から高精細・大容量のデータを送ることが容易になります。その為、遠隔治療の普及・発展等が期待されています。医療に限らず離れた場所で作業されている方が現地の状況をカメラ・スマートフォンで撮影・送信し、有識者が判断・指示するといったことが、より精細な撮影画像で、より正確にできるようになり、現在では無理な内容のものでも可能となると思われます。
ネットワーク遅延が小さくなることにより、遠隔地とのTV会議でのタイムラグや音声途切れが解消され、よりスムーズに行えるようになるだけでなく、高速・大容量通信とあわせて、より臨場感のあるシステム・サービスが提供されていくことも想定されます。
また、遅延が小さくなることでほぼリアルタイムの操作・指示をネットワーク経由で行うことが可能となり、自動車のネットワーク経由での自動運転の実現、遠隔機器の操作等にも大きく寄与することと思われます。
その他、VR・AR・MRといった技術を使ったサービス、ビッグデータの解析による判断・指示の利用等も実現されていくことが考えられます。
多数同時接続の実現においては、多くの人が同時に利用できるようになるだけではなく、現状と比較にならないくらい多くのセンサーや機器のネットワーク接続が可能となり、IoTによるサービスやシステムの監視等でより多くの情報を収集し、より精度と利便性の高いものが提供されていくものと思います。
ただ、「5G」のサービス開始において課題もあります。
今までの通信規格・システムと異なり、28GHz帯等の新たな周波数を使用することで電波の到達範囲が小さくなり、より多くの基地局の設置等が必要となります。その為、サービスの提供が都市部から始まり、一部の地域では電波の届かない場所が大きくなる可能性があります。
また、スマートフォンをはじめとする通信機器側も「5G」に対応したものしかサービスを利用できません。「5G」の技術仕様に対して脆弱性の指摘をされている方もいます。
ただ、これらの課題が克服され、サービスが普及していくことは間違いないと思います。

「5G」サービス開始に備えて

このように第5世代移動通信システム「5G」のサービスが開始されることにより、ネットワークを利用したサービスの大きな変革や新しいサービスの提供などが期待されます。これらを単に利用者として享受するだけというのはもったいないことです。直接皆さんのビジネスのタネとならなくても、仕事の仕方、取引先・お客様とのコミュニケーション方法、ホームページ等による自社のビジネスの宣伝・広告の仕方等、多くのことを変えていける可能性を秘めています。
新しいサービスは立ち上げ時には少し時間がかかるかと思いますが、一度広がるとあっという間に当たり前のこととなり、気が付けば乗り遅れていたということもあり得ます。ぜひ「5G」のサービス開始により、どのようなことが考えられるか準備を進めていかれるようお勧めします。
このコラムがみなさんのビジネスにおいて、「5G」のサービスの利活用を行っていくための参考となれば幸いです。