お役立ちコラム

Google Apps Script を使ってみよう

新型コロナウィルス対応のため、テレワークで業務を行う方が増えてきています。
そこで、クラウドツールを使って作業されている方も多いと思います。
現在、クラウドツールとして、最も普及しているものはMicrosoftのOffice(Excel、Word等)とGoogle のG Suite(Googleスプレッドシート、Googleドキュメント等)だと思います。
シェアとしてはOfficeの方が上ですが、Webでの利用という点では、G Suite の方がはるかに浸透しています。
基本的な機能としては、オフィスもG Suiteもそれ程大きな違いはないようですが、G Suiteにはオフィスにはない強力な機能 “Google Apps Script” が用意されています。これは、「すべてのアプリを、共通のスクリプト言語で操作できる」機能です。
OfficeにはVisual basic for Applicationというスクリプト言語がありますが、Google Apps Script はGoogleが提供するあらゆるWebアプリを共通のスクリプト言語で操作できるというものです。

Google Apps Script とは

Google Apps Scriptは、無料で使えるJavaScriptベースのスクリプト言語です。
GoogleのWebアプリ(Googleスプレッドシート、Googleドキュメント他)を自動化するのに使うことができ、Googleスプレッドシートで使用する際には、ExcelをVBAで自動化するような感覚で利用することができます。
また、Googleスプレッドシートには、マクロ記録機能もあり、Excelでマクロを作成したり、VBAでプログラムを作ったりするのに近い感覚で使えるようになってきました。

Google Apps Scriptを使って連携できるもの

Google Apps Scriptを使うと多くのWebアプリを操作できます。基本的には、主に以下のGoogle Appsで使うことができます。

  • Googleスプレッドシート
  • Googleドキュメント
  • Googleスライド
  • Googleマップ
  • Googleフォーム
  • Gmail
  • Googleカレンダー

GAS連係図

さらに「拡張サービス」と呼ばれる機能を有効にすると、データベースの「BigQuery」やアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」などのアプリケーションも操作できるようになります。

Google Apps Scriptで何ができる

Google Apps Scriptを使えるようになると、何ができるようになるでしょうか。

(1)プログラムの自動化
ExcelのマクロやVBAの機能に該当することができます。
GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントなどの操作を自動化し、表やグラフを作成したりすることができます。事務作業などで、煩雑な業務を手作業で行い、時間がかかっているのであれば、Google Apps Scriptの導入は非常に有用でしょう。
さらにツールを組みあわせると、ファイルの共有管理なども可能です。
例えば、Googleフォームで入力したデータをGoogleスプレッドシートに保存し、お礼のメールを自動送信したりすることができます。

(2)外部アプリケーションとの連携
Googleのアプリケーション以外にもSlackやtwitterとの連携も可能です。
例えば、「特定の相手からのメールをSlackで通知する」、「今日のGoogleカレンダーでの予定をTeamsで通知する」といった活用もできます。

(3)Webアプリケーション開発
Google Apps Scriptには、スクリプトをWebサイトとして公開する機能が備わっています。それを利用して、独自のWebアプリケーションの開発を行うことができます。つまり、簡単な情報共有サービスや、日程調整ツールなどを作成することができます。

Google Apps Scriptの実行はGoogleのサーバ上で行いますから、通常のWeb開発のようにレンタルサーバを用意したり、Webサーバをたてたりする必要もありません。その後のサーバ管理の手間も省けます。

Googleのさまざまなサービスを組み合わせれば、非常に多くの業務を効率化することができるでしょう。