東商ICT相談室

東商ICT相談室のご利用方法

本サイト「東商ICTスクエア」は、ホームページ(以下、HP)の有効活用を考え、実践することで経営のIT化の気づきを促すことを目的としており、中小・小規模事業者向けに、HPの活用方法等に関するネット相談を実施しております。

ネット相談とは・・・【商工会議所会員限定】

HP活用等に関する会員事業者からの質問をサイト上で受け付け、「web戦略パートナー()」が回答します。

※「web戦略パートナー」:特定非営利活動法人ITコーディネータ協会から推薦を受けた中小企業に対するHP活用に関する指導実績が高いITコーディネータ。

質問方法について

いくつかの質問の仕方があります。

1.質問したい内容が具体的なとき
質問は具体的であるほど、回答されるweb戦略パートナーの先生方も回答しやすくなります。質問はweb戦略パートナーと運営事務局しか公開されません。(※運営事務局に公開されるのは、このサイトの目的と合致した質問かどうかを判断させていただくためです)
例)「○年にHPを開設して、延べ○件のアクセスがある。しかし、実際問い合わせがあるのは○件である。問い合わせをさらに伸ばすためにはどのような取り組みを行うべきでしょうか。URLはhttp://www.XXXXXX.comです」
2.質問がまだ具体的ではないとき
HPのアドレス(URL)を転記して、HP診断をお願いしてはいかがでしょう。web戦略パートナーの方々が独自に分析し、改善すべきポイント等を指摘いただけるでしょう。
例)「ホームページの開設以来、アクセスが伸びない。改善すべき点があれば診断してほしい。URLはhttp://www.XXXXXX.comです」
より具体的な情報を提供いただけるほうが、回答しやすいことを念頭に、HPの戦略活用について困っていることを書き込んではいかがでしょうか。
質問に回答してくれる「ITコーディネータ」とはどういう人たちですか?
ITコーディネータは、経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場に立った助言・支援を行い、IT経営を実現する人材です。
現在、経済産業省の推進資格として約6,500名の資格保有者が全国各地で活動しています。
質問に答えてくれる「web戦略パートナー」とはどんな人たちですか?

ITコーディネータ協会からの推薦で東京商工会議所が認定した、中小企業の指導経験豊富なITコーディネータの先生です。回答者プロフィールでご紹介いたします。

ホームページ&ネット戦略活用支援サイトとありますが、「東商ICT相談室」では、具体的にどんなことが質問できるのですか?
本サイトの趣旨はHPやインターネットを営業等にいかに活用するかを専門家がアドバイスするものとなっています。