東商ICT相談室

アクセス数が落ちてしまいました

サイトを立ち上げ内部SEO対策をして数か月、コンテンツを増やすと同時に業者に依頼して外部SEO対策、ならびに内部SEOにてキーワードの見直しをしました。
その後、アクセス数がダウンしてしまったのですが、SEO対策の見直しが原因でしょうか。

「Googleウェブマスターツール」は利用してみてください。アクセスの低下の原因を把握することが重要な対策になります。
ウェブマスターツールとは。。。
<以下Googleサイトから引用>—————————————–
Google ウェブマスター ツール では Google でのページの表示に関する詳細なレポートを確認できます。サイトを追加、確認するだけで、情報がすぐに表示されるようになります。
■Google でサイトがどのように処理されているかを把握し、問題点を診断できます
Google がサイトをクロールしてインデックスに登録する方法や、サイト へのアクセスに生じる具体的な問題を確認できます。
■リンクやクエリのトラフィックを分析
新しいリンク レポート ツールで、サイトの内部および外部リンクに関するデータを確認、分類、ダウンロードできます。サイトへのアクセスにつながった Google の検索キーワードを分析して、ユーザーのサイトへのアクセス方法を確認できます。
■サイトの情報を共有
重要性の高いページや更新頻度など、サイトマップでページに関する情報をお知らせください。Google でインデックスに登録する URL の表示方法も指定できます。
——————————————————————-
このウェブマスターツールを利用していれば、今回の様にサイトの評価が著しく落ちてしまうなど問題が発生した場合、警告メッセージを得ることが出来る様になります。

▼ウェブマスターツールで警告されるメッセージの例
・「このサイトは、Google の品質に関するガイドラインに違反している可能性があります」
・「Googleからのお知らせ:ウェブマスター向けガイドラインの違反について」
・「http://<ドメイン名>に関するマルウェアの通知」

この様なメッセージを受けると、Googleペナルティを受け、あなたのサイトの評価が下がり、検索結果にも表示されなくなったりしてしまいます。ペナルティを回復するには問題を解決して、Googleに再評価の申告をする必要が出てきます。
「バックリンク対策」先がスパムサイトだったりした場合には、あなたのサイトに悪い影響を与えますので対処が必要です。まずは、あなたのサイトに警告メッセージが出ていないかをチェックしてみてください。

ウェブマスターツールを利用できる状態に設定したら、ウェブマスターツールの[トラフィック]-[サイトへのリンク]をご欄になってください。
Googlebot がクロールとインデックス登録の処理中に検出したリンクの一覧のほか、主なリンク元や、サイト内でリンクの多いページも表示され把握することができます。バックリンクのURL一覧リストなどもダウンロード出来る機能がありますので活用してみてください。
ちなみにペナルティとなるバックリンク行為などはGoogleのガイドラインに公開されていますので、情報として一度ご覧になっておいてください。
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=66356

意図しない有害なサイトからバックリンクを受けた場合は以下の方法でリンクを解消してください。
1.バックリンク先にメールまたは電話などで、リンク解除の申し出を行う→解除しない場合「スパム」として報告しますという内容で良いと思います
2.「Googleリンクの否認」ツールを利用する
このツールは、リンクを購入したサイトやスパムを介してリンクを獲得したサイトをターゲットにしたペンギンアップデートの影響を受けた人達に向けて開発されたツールで、バックリンクを無効化することができます。
否認するサイトのURL一覧をアップロードする形になります。一覧はウェブマスターツールで取得できます。
但し、慎重にバックリンク一つ一つを評価して行う必要がありますので使用される場合は、注意してください。自己責任のもと行ってください。問題の無いバックリンクまで無効にしてしまうと、あなたのサイト評価も落ちてしまうことになります。
▼Googleリンクの否認ツール  https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

またどこからのアクセスが減少したのかを把握することが重要です。単純に検索順位が落ちてアクセスが減ったのか、その他の原因があるのかなどを判断しなくてはなりません。

これは、解析データを記録しておくことで変化を発見できますが、記録していない場合は、アナリティクスで約4か月分のデータは閲覧可能ですので、トラフィックを解析して原因を特定することです。
今回の場合は、既に数か月経過されているようですので、早めにチェックされた方が良いですね。以上、参考になれば幸いです。がんばってください。