東商ICT相談室

スマホをビジネスで活用したい

スマートフォンをビジネスに活用するにあたっての注意点は何でしょうか?

スマートフォンには大きく分けてiPhoneとAndroidの端末があります。それぞれの特性に合わせ、セキュリティに注意が必要です。
主な注意点をご案内いたします。

1.アプリケーションの安全性
iPhoneは、AppStoreからのダウンロードに限られており、アプリケーションの公開もAppleによる審査がありますので、比較的信頼度は高いといえます。

Androidのアプリケーションは、複数のマーケットで公開されており、Googleによる審査も著作権保護などに限定されています。
実際、不正アプリケーションも見つかっております。また、任意のアプリケーションのインストールも設定により可能です。Androidでは、ウィルス対策をしたほうが良いでしょう。
※ セキュリティ関連商品は、セキュリティ対策ソフト会社、各種通信キャリアより提供されています。

2.盗難、紛失による情報漏洩
端末を問わず、スマートフォンを紛失した場合には、業務上の情報漏洩や不正使用のリスクがあります。パスワードロックはもちろんのこと、紛失時に遠隔でロックやデータ消去ができるような対策は有効です。
また、Android端末ではSDカードを使用できるため、抜き取られる可能性もあります。SDカードの暗号化も有効です。特に、ビジネスに利用するスマートフォンは、必ず社内で把握しておくことが重要です。

3.不正なWebサイト
パソコンと同じように、フィッシングの可能性があります。危険なWebサイトに接続しないようにしてください。

最後に、スマートフォンをビジネスに活用するために、セキュリティ対策は必要です。あまりにも、あれはダメ、これはダメとなるのでは、活用自体できなくなります。
活用とセキュリティ対策のバランスをとった、利用ルールを策定しましょう。