ICT活用企業紹介

内部SEO対策を実施し、上位表示獲得へ

コミュニティ運営者S様

コミュニティ運営者S様は、初めて起業した方を対象にした情報を提供するためにホームページを開設し、無料のセミナー・勉強会・イベント管理ツールを利用して人を集めたセミナーなどを行っていた。しかし、自身のホームページ現状がどう見られているのかを意識することはなく、今後どうしたらよいかということで相談があった。

まずはアクセス解析から

アクセス解析の目的は、Webサイトで得られる成果を最大化することにある。

  1. サイトの現状を把握する
  2. 問題点を明らかにする
  3. とるべき改善策を検討する
  4. 改善策の効果を測定する

そのためGoogleアナリティクスなどを利用し、どんなキーワードで調べられているのか調査を実施した結果、想定していなかったキーワードを発見できた。その後Googleキーワードプランナーなどで調査を実施し、有効なキーワードであると判断し、お客様の理解のもとに説明文(meta descriptionタグ)に追加することを実施した。

常時SSL化対応

常時SSL化対応は実施されていなかった。そのためSSL化対応を実施した。

2014年、Googleはユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、サイト所有者に HTTP から HTTPS への切り替えを奨励した。さらに2018年7月からGoogleが提供するChromeブラウザでSSL非表示サイトに対して警告表示を実施した。SSL化することについては、Google自体もSEOに影響があると発表している。

競合のホームページを確認

競合自体もまったく分析されていなかったので、競合のホームページの分析を実施した。分析した1社はページ数で10倍以上の開きがあることが分かった。コンテンツの充実を図ることもお客様と共有していった。

内部SEO対策、コンテンツの充実、記事のリライトを実施

アクセス解析をもとに追加すべきコンテンツを見極め、記事のリライトなどできることから改善を行った。

①ページタイトル(titleタグ)と説明文(meta descriptionタグ)の最適化
ページタイトルも意味不明なものが多く存在したため、SEOの内部対策にも効果があるキーワードを含めるように変更した。SEOには直接関係ないが、説明文もキーワードを含めた簡潔で分かり易いものに変更した。
②記事のリライトを実施
記事の内容も検索ユーザから見て分かりにくく、顧客目線になっていなかった。 コンテンツの充実も重要だが、既存の記事の見やすさを含め、記事のリライトを実施し、コンテンツの変更を実施した。

お問合わせフォームの設置

相談を受けたホームページには、お問い合わせフォームが存在していなかった。これでは、セミナーなどに興味があっても、相談することは全くできない。そのため、お問合わせフォームの設置を実施した。そのことにより、お客様の相談はなかったものの、同じ起業家を支援する大手2社から相談・協業の依頼があり、実際にお会いし、協業に向けて現在も協議中である。

対応した結果のその後

その結果、「潜在意識 脳科学」でSEO1位、2位独占。「個人事業主 コミュニティ」でSEO1位、2位独占するに至った。