ICT活用企業紹介

インバウンド需要を狙う! フリーWiFiを利用した店舗集客・顧客満足度向上

韓国料理 とん豚テジ様

東京都を中心に複数店舗を展開する「韓国料理 とん豚テジ」(以下、とん豚テジ)は、外国人観光客の来店が多い韓国料理店である。店内でのフリーWiFi接続を提供し、集客と顧客満足度の向上で成果をあげている。

 

フリーWiFi導入に取り組むことになったきっかけ

多くの外国人観光客が訪れるとん豚テジでは、WiFi接続できないかとの問い合わせを多数受けていた。問い合わせ客の国では、フリーWiFiの環境が整備されており、当然のように利用していること、日本ではフリーWiFiの環境整備が遅れていることを知った。それであれば、「フリーWiFi接続ができる店」であることが他店との差別化につながるのではないかとの思いから、フリーWiFi導入の検討を開始した。

地下店舗で回線工事ができない物件

フリーWiFiの導入の検討を始めたが、いくつか問い合わせたサービスは回線工事が必要だった。とん豚テジの店舗の中には、回線工事ができない場所もあり、まずは回線工事がネックとなった。

探していたサービスの要件は

  • お客様が簡単にWiFiを利用できること(お客様からのWiFi接続に関する質問は避けたい)
  • キャリアフリーであること
  • 回線工事が必要ないこと
  • ランニングコスト

の4点。

 

その後、回線工事が必要ないフリーWiFi接続のサービス「Wi-Pack」(株式会社シ―エスイー)の紹介を受けた。コスト面もクリアでき、「簡単接続」「キャリアフリー」これに加え、ホームページの表示やBeacon機能(位置情報を使った情報伝達)等集客に利用できる機能もあったことから、フリーWiFiの導入に踏み切った。

フリーWiFiを導入して

フリーWiFiの接続方法は、パスワードの入力も必要なく簡単であったため、外国人のお客様から接続に関する質問もなく順調に稼働している。質問が多いとスタッフに負荷がかかり業務に支障がでるため、質問がなかったことに満足している。集客ツールとしては、フリーWiFiサービスに接続すると、店舗のホームページを初期表示する機能を利用して「クーポン」を発行している。「クーポン」でのリピーター増加は効果を感じている。フリーWiFiができる店舗の情報は、外国人観光客の中で情報交換されているようだ。

 

FREE WIFI接続のマーク接続時に表示されるHP

 

 

お知らせ(災害時のフリーWiFiの提供)

平成28年3月14日から発生している熊本地震で被害を受けられた皆様には心からお見舞い申し上げます。

今回ご紹介しました事例で採用された、フリーWiFiサービスの提供元である株式会社シ―エスイー様は、熊本地震の避難所・施設に「Wi-Pack」の無期限無償貸与をされています。

 

熊本避難所での設置

 

 

災害時に情報共有を進めるには、通信の確保が必須です。
フリーWiFiでの集客事例をご紹介しましたが、店舗に備えているフリーWiFi環境を災害時には通信バックアップとして提供する支援ができるように思います。

http://www.tontontezi.com/

株式会社シ―エスイー 様
http://cseinfo.co.jp/