セミナー・イベント

【オンライン講演会(YouTube動画配信)】急速なデジタルシフトがもたらす経済社会の大変革

セミナー概要

新型コロナウイルス感染症の拡大が急速なデジタルシフトをもたらし、さらにこれを契機としてデジタル庁が創設されることになるなど、経済社会のあり方は大変革のさなかにあります。
今回の講演会では“ウィズコロナ社会”をとりまくデジタルシフトの最新動向や今後の展望など、今後の企業経営を考えるうえで参考となるお話を、デジタル・コンテンツ事情に精通する中村伊知哉先生をお招きして伺います。

開催日
2020/12/11(金)
開催場所
オンラインセミナー(YouTube配信)

主催者
東京商工会議所 情報通信部会
参加費用
無料(東京商工会議所会員限定)
講師紹介
iU(情報経営イノベーション専門職大学)学長 中村 伊知哉 氏

1984年ロックバンド「少年ナイフ」のディレクターを経て郵政省入省。通信・放送 融合政策、インターネット政策を政府で最初に担当するが、橋本行革で省庁再編に携わったのを最後に退官し渡米。1998年MITメディアラボ客員教授。2002年スタンフォード日本センター研究所長。2006年慶應義塾大学教授。2020年よりiU学長。内閣府知的財産戦略本部、文化審議会著作権分科会小委などの委員を務める。CiP協議会理事長、デジタルサイネージコンソーシアム理事長、超教育協会専務理事、NPO「CANVAS」副理事長、吉本興業ホールディングス社外取締役、理化学研究所AIPセンターコーディネーター、東京大学客員研究員などを兼務。著書に『超ヒマ社会をつくる』(ヨシモトブックス)、『コンテンツと国家戦略~ソフトパワーと日本再興~』(角川EPUB選書)など多數。